グーグルアドセンスのアカウント停止になる理由

グーグルアドセンスには利用規約があります。

この利用規約に少しでも触れる事があれば、

広告が表示されなくなったり、報酬が振り込まれなかったり

最悪の場合、アカウントが消去されることがあります
通常のアフィリエイトでは広告主のサイトに誘導して、

広告主の商品・サービス販売を手助けするので

広告主は違反するサイトへの貼り付けを禁止していたとしても

見送る場合もあるのですが、グーグルアドセンスの場合

広告主がグーグル(google)に広告料を安心してお金を払ってもらうために

グーグルは責任をもって変なサイトに広告が表示されていないか

違反していないかをしっかりと監視しているのです
このように、グーグル(google)アドセンスでは利用規約に厳しいので

禁止コンテンツを説明します

禁止事項

著作権で保護されている事 文章、画像、動画、書籍、テレビ番組の動画など著作権があるもののコンテンツなど掲載する行為
タバコ、アルコールに関連したコンテンツ アルコールやタバコについてのサイトの掲載をすることが禁止されています
アダルトコンテンツ アダルトコンテンツの内容は全般的に禁止になっています
暴力的なコンテンツ 暴力的な映像、画像などを掲載していまうことも禁止です
中傷コンテンツ 個人、集団、組織などの嫌がらせ、人種、宗教、性別などの
差別などのも禁止です
ハッキングサイト ハッキングなどのサイトを提供しているサイトなども禁止です

このようなサイトは違法ではないので知らず知らずのうちに

グーグルアドセンスを張り付けてしまうので気を付けなければ

なりません

例えば、健康サイトの記事の内容で『日本酒』はたんぱく質の

もととなるアミノ酸が美しい肌を作ったり、有機酸が肌をキレイに保ったりと、

栄養豊富な日本酒は様々な効果が期待できますと日本酒などの

リンクを貼るとグーグルアドセンスの利用規約に違反します
また美容サイトの記事でもアダルトワードを使ってしまっていたら

プログラムによって自動にアダルトの内容とみなされて

しまい規約違反とされることもあるのでアダルトにならない表現をしなければなりません

 

他の禁止事項

クリックを惑わす促す行為も禁止です

サイトの内容にまぎれて広告なのか記事コンテンツなのか見分けがつかないように張り付けるのも

禁止になっているので見分けがつくように表示させましょう
また「クリックしてください」などと、クリックを促す行為も禁止です

もちろん広告なので自分で意図的にクリックもしてはいけません

カテゴリー: グーグル(Google)アドセンス タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です